ぎっくり腰

こんにちは。楽ケア鍼灸整骨院の堀場です。

 今回は、『ぎっくり腰』についてお話します。

ぎっくり腰って、こんな時になりませんか?

腰が痛い

 〇荷物を持った時にギクッときた!

 〇くしゃみをした時にギクッときた!

 〇ゴルフをしてギクッとなった...

 〇前かがみになったひょうしにギクッときた!

 〇テーブルの荷物を摂ろうと身体を伸ばしてギクッどなった!

 など

 様々な状況で起こります。

 ヨーロッパでは、魔女の一撃というそうです

魔女

(カワイイ魔女にしてみました)

 

いつの時期にぎっくり腰が多いかご存知ですか?

 では、いつの時期にぎっくり腰が多いかご存知ですか?

 「んー、冷えとかが関係してそうだから冬とかに多い印象があるなあ

 そんな声が聞こえてきそうですね。

 確かに、冬とか寒い時期にぎっくり腰が増えてくるイメージがありますよね。

実を言うと、ぎっくり腰が増える季節は冬ではないのです。

どちらかというと春先や秋口、いわゆる「季節の変わり目」に多くなります。

もし、寒い冬だけ気をつけていればいいやと思っている方は、要注意ですよ!

その油断がギックリ腰につながってしまいます。

 

なぜギックリ腰になってしまうのか?

では、そもそもなぜギックリ腰になってしまうのか?

それにはちゃんとした理由があります。

実は、身体の中でギックリ腰になる準備が出来てしまっているのです。

ギックリ腰になってしまう人は、普段から腰に何らかの負担がかかっていたり、

腰が疲れている又は、疲れが取れにくくなっているという人がなることが多いです。

普段の姿勢や腰に負担の掛かる動作などで腰が疲れているのです。

 

腰の疲れをため込んでしまうのでしょうか?

どうして、腰の疲れをため込んでしまうのでしょうか?

通常は一日の疲れは、ゆっくり睡眠をとることでリフレッシュしますが、

睡眠の質が悪かったり、睡眠時間が短かったり、眠りが浅かったり、

はたまた、栄養素が不足していたり...

つまり、毎日の疲れをリセットできていないのです。

リセットが出来ていないと、常に腰は緊張状態が続いてしまいます。

これがぎっくり腰になる手前、予備軍です。

運よくぎっくり腰になる前に、リフレッシュする事ができればよいのですが。

では、どうしたら毎日の疲れがリセットできるのでしょうか?

それはまた次回お話します。

 


LINEで予約案内友だち追加


お問合せ


楽ケア鍼灸整骨院

名古屋市北区大曽根3-3-39

電話番号 052-508-8654

大曽根総合駅より西へ4分

お車でお越しの方は、

お店の前に一台分 又は、

三井のリパーク 大曽根5又は大曽根6へ駐車されましたら、駐車券をお渡しします。